関西将棋会館移転で合意書、建設費は寄付金で 将棋連盟と高槻市

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
寄付者に用意される関西将棋会館移転限定の記念品(一部)=関西将棋会館で2021年7月27日、新土居仁昌撮影
寄付者に用意される関西将棋会館移転限定の記念品(一部)=関西将棋会館で2021年7月27日、新土居仁昌撮影

 日本将棋連盟と大阪府高槻市は27日、老朽化した関西将棋会館(大阪市福島区)の高槻市への移転について、合意書に調印した。移転先はJR高槻駅隣接の市有地で、2023年1月着工、23年度内の完成を目指す。連盟の佐藤康光会長は「西日本の将棋の聖地として事業を進めていきたい」と述べた。

 総事業費は約13億円を見込み、28日か…

この記事は有料記事です。

残り205文字(全文364文字)

あわせて読みたい

注目の特集