特集

eスポーツ

全国高校eスポーツ選手権をはじめ、eスポーツに関する話題をお届けします。

特集一覧

福井・仁愛女子高にeスポーツ部誕生 「フォートナイト」特訓中

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
練習に励む仁愛女子高校eスポーツ部員たち=福井市の仁愛女子高校広報室で(同校提供)
練習に励む仁愛女子高校eスポーツ部員たち=福井市の仁愛女子高校広報室で(同校提供)

 部活動として、eスポーツに取り組む高校が全国で広がっている。福井市の仁愛女子高でも昨年10月、eスポーツ部が発足。全国高校eスポーツ選手権(毎日新聞社など主催)を例にみてみると、出場者は男子高校生が圧倒的に多い状況にあり、女子高でeスポーツ部が誕生するのは全国的に珍しいだろう。

 仁愛女子高の部員は現在、12人。校舎の3階にある広報室が放課後、練習場所となる。eスポーツ部顧問の下野博之先生(51)が学校の広報担当を務めている関係で、昨年10月の創部時に急きょ、広報室が「部室」へと変わった。今後、光回線の工事を施すことも決まっており、下野先生は「部員も増えているので、後にはひけません」と笑いながら言う。

 部の特徴は、明るく、笑顔が絶えないことだ。部長の村美優さん(3年)を中心に、笑いが起こり、練習風景はまるで女子会のようだ。ただ、笑いの裏で実力アップを果たすため、熱い議論を重ねているという。シューティングゲーム「フォートナイト」で2年の後輩とペアを組む副部長の広浜心晴(こはる)さん(3年)は「学年は違っても対等に、お互い率直に指示を出し合っています。部員たちのコミュニケーション能力が上がっている…

この記事は有料記事です。

残り712文字(全文1216文字)

あわせて読みたい

この記事の特集・連載
すべて見る

注目の特集