特集

東京オリンピック

東京オリンピックに関する特集ページです。

特集一覧

瀬戸大也、200バタも敗退 独自調整が裏目?「調子自体は良い」

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
男子200メートルバタフライ準決勝、決勝進出を逃した瀬戸大也=東京アクアティクスセンターで2021年7月27日、梅村直承撮影
男子200メートルバタフライ準決勝、決勝進出を逃した瀬戸大也=東京アクアティクスセンターで2021年7月27日、梅村直承撮影

 東京オリンピック第5日は27日、競泳男子200メートルバタフライ準決勝が東京アクアティクスセンターであり、同種目日本記録保持者の瀬戸大也(27)は1分55秒50の全体11位。上位8人が進む28日の決勝に進めなかった。

 レース後、他の選手が足早にプールサイドへ向かう中、瀬戸は誰よりも遅く歩いて引き揚げた。「予選よりは頑張ったつもりだが、タイムが伴ってきていない。もう悔しいを通り越して、なんかよく分からない」。金メダル獲得が有力視された400メートル個人メドレーに続く想定外の結果に、「日本のエース」はショックを隠しきれない。

 序盤から積極的に飛び出していくレースができなかった。最初の50メートルこそ組3位で折り返したが、後続にのみ込まれた。好調時は29秒台で泳ぐ100~150メートルのラップも30秒15。体が沈んで最後までスピードに乗りきれず、全体11位でフィニッシュした。

この記事は有料記事です。

残り337文字(全文728文字)

【東京オリンピック】

時系列で見る

次に読みたい

あわせて読みたい

注目の特集