特集

東京オリンピック

東京オリンピックに関する特集ページです。

特集一覧

東京2020+1

在日スリランカ女性、「ゼッケン67」の祖父誇り 64年五輪陸上1万メートル、周回遅れ大声援

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
祖父の話が載っている中学校の英語の教科書を手にするオーシャディーさん=本人提供
祖父の話が載っている中学校の英語の教科書を手にするオーシャディーさん=本人提供

 群馬県渋川市に住むスリランカ人の介護施設職員、オーシャディー・ヌワンティカ・ハルペさん(29)は、30日の東京オリンピック・陸上男子1万メートルを特別な思いで心待ちにしている。1964年の東京五輪でこの種目に出場した祖父を誇りに思っているからだ。「自分が日本にいる間にまた東京五輪があるなんて、運命かもしれない。見に行けないのは悲しいけれど、テレビを見て応援したい」と話している。

 57年前、祖父ラナトゥンゲ・カルナナンダさん(当時28歳)は国立競技場を走っていた。周回遅れの最下位だった。観衆に笑われながらも、脇腹を押さえて走った。やがてスタンドから声援がわき始め、ゴールしたときは満場の拍手に包まれた。そのときの場面は後に「ゼッケン67」という題で小学校などの教科書にも掲載された。

この記事は有料記事です。

残り532文字(全文876文字)

【東京オリンピック】

時系列で見る

あわせて読みたい

この記事の特集・連載
すべて見る

注目の特集