特集

東京オリンピック

東京オリンピックに関する特集ページです。

特集一覧

東京2020+1

五十嵐、大海の愛に育まれ サーフィン銀、両親に感謝

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷

 東京オリンピックの新種目サーフィン男子が27日、千葉県一宮町の釣ケ崎海岸であり、五十嵐カノア選手(23)=木下グループ=が銀メダルを獲得した。12歳で全米王者となり、5カ国語を駆使し世界の波を乗りこなす――。映画のようなアスリートが育まれた背景には、両親のスケールの大きな発想と努力があった。

 台風接近による強風で、大きな波頭が白いしぶきを立てる。その中で、五十嵐選手が豪快な技を繰り出していく。最後は波に恵まれず、金メダルには届かなかったが「一生忘れられない日になった」と海を見つめた。

 「カノア」。ハワイ語で「自由」を意味する名前は、サーファーだった父勉さん(57)と母美佐子さん(57)の「サーフィン発祥の地でも受け入れられるように」という思いが込められている。「子供を世界で通用する人間、サーファーに育てたかった」という二人は1995年、英語も満足に話せないまま米カリフォルニア州に移住した。

この記事は有料記事です。

残り574文字(全文975文字)

【東京オリンピック】

時系列で見る

あわせて読みたい

この記事の特集・連載
すべて見る

注目の特集