特集

第103回全国高校野球選手権

第103回全国高校野球選手権大会(8月10~29日)の特集サイトです。

特集一覧

全国高校野球 南北海道大会 北海、さあ甲子園だ! 粘り強さで頂点 /北海道

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
優勝が決まり、マウンドで喜び合う北海の選手たち=札幌円山球場で2021年7月27日、貝塚太一撮影
優勝が決まり、マウンドで喜び合う北海の選手たち=札幌円山球場で2021年7月27日、貝塚太一撮影

 第103回全国高校野球選手権大会の南北海道大会(道高野連など主催)は27日、札幌円山球場で決勝が行われ、北海が8―6で札幌日大に競り勝ち、102チームの頂点に立った。北海の夏の甲子園出場は4年ぶりで、全国最多39回目。今春のセンバツにも出場した同校が春夏連続で甲子園に出場するのは10年ぶりとなる。全国選手権大会は8月9日に兵庫県西宮市の阪神甲子園球場で開幕する。【三沢邦彦】

 北海打線が粘り強さを発揮した。同点で迎えた五回1死満塁から杉林の2点適時打などで3点を勝ち越した。逆転を許した後の八回は1死から木村の左中間二塁打を足掛かりに小原の四球、山田の内野安打で満塁の好機。尾崎の三塁内野安打で同点とし、更に敵失の間に2点を加えた。

この記事は有料記事です。

残り817文字(全文1135文字)

あわせて読みたい

この記事の特集・連載
すべて見る

注目の特集