「縄文遺跡群」世界文化遺産 「登録 待ちに待った」 鹿角・北秋田両市、地域・観光振興を /秋田

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷

 鹿角市の「大湯環状列石」と北秋田市の「伊勢堂岱(たい)遺跡」を含む「北海道・北東北の縄文遺跡群」(17遺跡)の世界文化遺産登録が27日午後、正式に決まった。両市では地域、観光振興を目指した取り組みに加え、ガイドらの案内態勢を整える準備が進んでおり、関係者らは「待ちに待った登録。ついにこの日が来た」と喜びの声を上げた。【田村彦志】

この記事は有料記事です。

残り971文字(全文1137文字)

あわせて読みたい

注目の特集