特集

第103回全国高校野球選手権

第103回全国高校野球選手権大会(8月10~29日)の特集サイトです。

特集一覧

全国高校野球 神奈川大会 甲子園かけきょう決勝 /神奈川

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
準決勝まで計11打点を挙げた横浜の4番・立花祥希選手(3年)=バッティングパレス相石スタジアムひらつかで2021年7月24日、牧野大輔撮影
準決勝まで計11打点を挙げた横浜の4番・立花祥希選手(3年)=バッティングパレス相石スタジアムひらつかで2021年7月24日、牧野大輔撮影

 第103回全国高校野球選手権神奈川大会(県高野連など主催)は28日、サーティーフォー保土ケ谷球場で決勝があり、横浜と横浜創学館が甲子園への切符をかけて対戦する。横浜は第100回大会南大会以来19回目、横浜創学館は初の優勝を目指す。決勝を前に、両チームを紹介する。【牧野大輔】

 ◆横浜

重量打線が武器

 第1シードで大会に臨んだ横浜は全6試合のうち5試合でコールド勝ちを収めるなど重量打線を武器に勝ち上がってきた。

 今大会計77得点を挙げている打線の中心を担うのは、3番・金井慎之介選手(3年)と4番・立花祥希選手(同)だ。金井選手は22打数9安打10打点、立花選手は23打数12安打11打点。チームトップの四死球9と高い出塁率を誇る緒方漣選手(1年)ら上位が出塁し、勝負強い主軸がしっかりと還す。

この記事は有料記事です。

残り1081文字(全文1428文字)

あわせて読みたい

この記事の特集・連載
すべて見る

注目の特集