特集

東京オリンピック

東京オリンピックに関する特集ページです。

特集一覧

東京2020+1

卓球 水谷・伊藤ペア、観戦応援会 郷里・磐田、「金」に沸く /静岡

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
金メダルの獲得を喜ぶ伊藤美誠選手の小学校時代担任の磯部恭史教諭(左)と草地博昭・静岡県磐田市長=市役所で2021年7月26日、福沢光一撮影
金メダルの獲得を喜ぶ伊藤美誠選手の小学校時代担任の磯部恭史教諭(左)と草地博昭・静岡県磐田市長=市役所で2021年7月26日、福沢光一撮影

 磐田市出身の2人が卓球で世界の頂点に――。東京五輪新種目の卓球混合ダブルスで水谷隼(じゅん)選手(32)、伊藤美誠(みま)選手(20)のペアが26日、決勝に臨み、中国ペアに逆転勝ちした。日本卓球界で待望された初の五輪金メダル。磐田市役所であったテレビ観戦応援会は、地元の星たちの歴史的快挙に沸いた。

 2人は水谷選手の両親が設立した豊田町卓球スポーツ少年団(磐田市)で育った兄妹のような存在だった。互いの自宅は歩いて行き来できる距離で、普段から家族ぐるみの付き合いだったという。

 決勝は午後9時過ぎに開始。序盤は2人の表情が硬く、中国ペアに2ゲームを連取されると、テレビ観戦応援会の会場は静寂に包まれた。だが、最前列に陣取った草地博昭市長(40)が「まだまだ。これからです」と呼びかける。第3、4ゲームを奪取して試合を五分に戻すと、会場の声援は勢いを増し、激しくスティックバルーンが打ち鳴らされた。

この記事は有料記事です。

残り229文字(全文628文字)

【東京オリンピック】

時系列で見る

あわせて読みたい

この記事の特集・連載
すべて見る

注目の特集