ふるさと納税 返礼品発送遅れ、武雄市長謝罪 「1日でも早く送る」 /佐賀

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
会見で謝罪する小松市長
会見で謝罪する小松市長

 武雄市が2020年度に受け付けたふるさと納税の返礼品(約2万8000件、総額約2億8000万円分)の発送が滞っていた問題で、小松政市長は27日の定例記者会見で、「寄付者の皆さまに多大なご迷惑をおかけした」と謝罪した。その上で「約束は守る。1日でも早く返礼品を確実に送るのが一番だ」と述べ、市は9月中旬ごろまでに発送したいとの意向を示した。

 市によると、ふるさと納税業務は業者に委託している。今回、米や和牛の発送を請け負いながら未発送だった返礼品提供事業者「アースグロー」(佐賀市)と市は直接契約関係にないが、同社は7月20日から返礼品の取り扱いを中止している。

この記事は有料記事です。

残り290文字(全文571文字)

あわせて読みたい

注目の特集