国交省の1級河川水質調査 五ケ瀬川 8年連続“日本一” 小丸川は3年連続 /宮崎

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
アユ漁の仕掛け「鮎(あゆ)やな」も見られる五ケ瀬川水系の大瀬川=宮崎県延岡市で2020年10月28日、重春次男撮影
アユ漁の仕掛け「鮎(あゆ)やな」も見られる五ケ瀬川水系の大瀬川=宮崎県延岡市で2020年10月28日、重春次男撮影

 国土交通省が2020年に実施した全国159の1級河川水質調査で、九州からは五ケ瀬川(調査地点・延岡市)、小丸(おまる)川(同・高鍋町など)、川辺川(同・熊本県五木村など)の3河川が最高評価の「水質が最も良好」とされた。五ケ瀬川は8年連続、小丸川は3年連続、川辺川は15年連続。

 「水質が最も良好」とされる河川は、水の汚れの原因となる有…

この記事は有料記事です。

残り254文字(全文422文字)

あわせて読みたい

注目の特集