特集

東京オリンピック

東京オリンピックに関する特集ページです。

特集一覧

東京2020+1

ソフト、13年越し連覇 柔道男子81キロ級、永瀬が金

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
金メダルを獲得し喜びを爆発させる上野由岐子(中央左)ら日本の選手=横浜スタジアムで27日、大西岳彦撮影
金メダルを獲得し喜びを爆発させる上野由岐子(中央左)ら日本の選手=横浜スタジアムで27日、大西岳彦撮影

 東京オリンピック第5日の27日、ソフトボールの決勝が行われ、日本が米国を降して2008年北京五輪以来の金メダルに輝いた。ソフトボールは北京五輪の後、実施競技から外れていたが、3大会ぶりの復帰で再び頂点に立った。

 柔道は男子81キロ級で前回銅メダルの永瀬貴規(27)=旭化成=が金メダルを獲得した。

 日本男子は初日から全4階級を制覇し、金メダル4個は現行の7階級制では最多。無差別を含む8階級が行われた1984年ロサンゼルス五輪と並んだ。女子63キロ級の田代未来(27)=コマツ=は2回戦で敗退した。

 新競技のサーフィンは、男子の五十嵐カノア(23)=木下グループ=が銀メダル、女子の都筑有夢路(あむろ)(20)が銅メダルに輝いた。重量挙げは女子59キロ級で安藤美希子(28)=FAコンサルティング=が銅メダルを手にし、同種目では三宅宏実=いちご=以来、日本女子2人目のメダリストとなった。テニス男子シングルスの錦織圭(31)=日清食品=は3回戦進出。卓球男子シングルスで第3シードの張本智和(18)…

この記事は有料記事です。

残り1028文字(全文1478文字)

【東京オリンピック】

時系列で見る

あわせて読みたい

この記事の特集・連載
すべて見る

注目の特集