連載

クローズアップ

ニュースの背景を解説、検証、深掘りリポート。

連載一覧

クローズアップ

新型コロナ ワクチンパスポート開始 進まぬ対象国拡大 国内活用にも課題

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
保健所でワクチンパスポートを受け取る会社員=東京都港区で26日
保健所でワクチンパスポートを受け取る会社員=東京都港区で26日

 新型コロナウイルスのワクチン接種を公的に証明する「ワクチンパスポート」の申請受け付けが、全国の市区町村で始まった。海外渡航先で入国時に提示すれば、隔離措置が免除される。政府は海外ビジネスの回復を期待するが、対象国がまだ7カ国にとどまり、効果は限定的だ。経済界が求める国内での活用も、ワクチン未接種者への差別をどう防ぐかなど課題が多い。

 「国際的な人の移動の再開につながる重要なツールだ。入国時の陰性証明の提示、自己隔離や隔離後の再検査などが免除される」。加藤勝信官房長官は、申請受け付けが始まった26日の記者会見でこう述べ、制度導入の意義を強調した。

この記事は有料記事です。

残り2715文字(全文2991文字)

あわせて読みたい

この記事の特集・連載
すべて見る

注目の特集