特集

第49回衆院選

岸田文雄首相が衆院選を10月19日公示、31日投開票で実施すると表明。短期決戦の選挙戦となります。

特集一覧

本多氏辞職 衆院選へ立憲北海道苦慮 共産との一本化も停滞

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
会見で記者団の質問に答える本多平直氏=札幌市中央区で2021年7月28日午前11時31分、土谷純一撮影
会見で記者団の質問に答える本多平直氏=札幌市中央区で2021年7月28日午前11時31分、土谷純一撮影

 秋までに行われる次期衆院選で、立憲民主党が新たな難題に直面している。5月の党会合で「50歳と14歳が同意性交して、捕まるのはおかしい」などと発言した本多平直氏(56)が離党し、衆院議員の辞職願を提出したためだ。本多氏は地盤の北海道4区から無所属などで立候補するかどうかについて明言を避けている。道内小選挙区での共産党などとの候補一本化も停滞しており、立憲道連は対応に苦慮している。【源馬のぞみ】

この記事は有料記事です。

残り1089文字(全文1287文字)

【第49回衆院選】

時系列で見る

次に読みたい

あわせて読みたい

注目の特集