特集

東京オリンピック

東京オリンピックに関する特集ページです。

特集一覧

性的視点へ抗議のユニタード ドイツ体操女子、足首まで覆う衣装

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
東京五輪の体操女子の予選で全身を覆うユニタードを着て演技するドイツ選手=東京・有明体操競技場で2021年7月25日、AP
東京五輪の体操女子の予選で全身を覆うユニタードを着て演技するドイツ選手=東京・有明体操競技場で2021年7月25日、AP

 東京オリンピックの体操女子で、ドイツの選手たちが足首まで覆う「ユニタード」を着て出場している。ドイツ体操連盟によれば、女性アスリートが性的な視点で見られることへの「抗議」を示す意味合いがあるという。大会組織委員会の森喜朗前会長の女性蔑視発言で改めて注目されたジェンダー平等。組織委は森氏の辞任後、ジェンダー平等推進チームを立ち上げたが、大きなうねりはやはり選手たちから生まれつつあるようだ。

 「女性でも誰でも、みんな自分で着るものを決めていいのだと示したい」。ドイツのエリザベト・ザイツ選手は22日の練習後、こう語った。体操女子はレオタードを着用するのが一般的だが、ユニタードもルールで認められている。ザイツ選手は「もうレオタードを着ないというわけではない。(どちらを着るかは)何が快適なのか考えながら、日によって決める」と説明。チームは25日の団体総合予選でもユニタードを着用した。

この記事は有料記事です。

残り721文字(全文1114文字)

【東京オリンピック】

時系列で見る

次に読みたい

あわせて読みたい

注目の特集