特集

カルチャープラス

カルチャー各分野をどっぷり取材している学芸部の担当記者が、とっておきの話を報告します。インタビューの詳報、記者会見の裏話、作品やイベントの論評など、さまざまな手法で、カルチャー分野の話題の現象を記者の視点でお伝えします。

特集一覧

見る探る

「こんな時代だから 聞かない耳を持て」 炸裂「ローランド節」

  • コメント
  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
インタビューに笑顔で答えるローランドさん=東京都千代田区で2021年7月6日、宮本明登撮影
インタビューに笑顔で答えるローランドさん=東京都千代田区で2021年7月6日、宮本明登撮影

 「歌舞伎町ナンバーワンホスト」といえば、ローランドさんが思い浮かぶ。このほど、新著「君か、君以外か。 君へ贈るローランドの言葉」(KADOKAWA)を刊行した。ジャンル分けするならば、「自己啓発もの」だろうか。読んでみると、なかなかユニークな“人生訓”が並んでいる。最近では実業家の顔も兼ね備えているというが、一体どんな人物なのだろう。この目で確かめたくなって、会いに行った。【江畑佳明/学芸部】

1作目は「俺か、俺以外か。」

 くんくんくん。

 なんだ? この上品でステキな香りは。ローランドさんのほうから、すうーっと漂ってくる。聞けばあの、高級ブランドのエルメスの香水だという。日ごろから愛用の一品とか。こちらもなんだかふわっと、いい気分になってくる。見れば180センチ超でスリムな体軀(たいく)に、黒色の上下といういでたち。私(記者)の日常生活ではちょっと会わないようなタイプだ。サングラスの奥にある瞳の動きが気になる。

 話題は早速、著書に及んだ。

 まず私が気になったのは、表紙の帯に描かれたメッセージだ。「自分のことを好きになれない貴方(あなた)に――」とある。

 これにはどういう意味が? 

 彼はこう語り出した。「1作目を書いたときはベストの内容だと思いました。でも2作目の執筆の際に読み直すと、自分がいかにカッコいいかとか、自分が主語の言葉、取り繕った表現が多いなと感じたのです。2作目は素に近いというか……」

 「1作目」とは、前著「俺か、俺以外か。 ローランドという生き方」(KADOKAWA)のこと。2019年3月に発売し、30万部を超える大ヒットになった。ここには彼の“名言”がいくつも収められているのだが、抜粋して紹介すると――。

 <タキシードをカッコよく着られない男なんて、男じゃねえ>

 <歴史なんて勉強するもんじゃないね、作るものだから>

 <ローランドが下を向くのは、出勤時に靴を履くときだけさ>

 などなど。なかなかのビッグマウスというか、なんというか……。

 デートの帰り道で渋滞に巻き込まれたときには、周囲の車をこう表現したという。

 <これ全員、俺が雇ったエキストラ。君と長く一緒にいたいからさ!>

 むむ。ちょっと気恥ずかしくなってくる。だが今回、「素に近い自分」を出したのはなぜだろ…

この記事は有料記事です。

残り2917文字(全文3869文字)

コメント

※ 投稿は利用規約に同意したものとみなします。

次に読みたい

あわせて読みたい

この記事の特集・連載
すべて見る
この記事の筆者
すべて見る

注目の特集