山梨県教委幹部ら約12人がゴルフ・会食「五輪もやっているので」

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
山梨県教育委員会が入る県防災新館=甲府市で、金子昇太撮影
山梨県教育委員会が入る県防災新館=甲府市で、金子昇太撮影

 山梨県教育委員会幹部らが今月25日、教育関係者ら計12人前後で昼食付きのゴルフをしていたことが、県教委などへの取材で明らかになった。新型コロナウイルスの感染拡大防止のため長崎幸太郎知事は県民に、大人数での会食などを控えるよう要請しているが、参加した幹部は「東京オリンピックが感染対策を徹底して実施されている。対策すれば、同じスポーツのゴルフも開催していいのではと判断した」と釈明した。

 県教委によると、保健体育課長や中北教育事務所の副所長ら職員3人と教員OBらは25日に県内のゴルフ場で午前8時半から約1時間の昼食を挟んで、午後2時半ごろまでプレーした。マスクや手指消毒、検温をし、食事も会話中はマスクを着用する「マスク会食」を徹底させたという。

この記事は有料記事です。

残り227文字(全文551文字)

あわせて読みたい

注目の特集