特集

東京オリンピック

東京オリンピックに関する特集ページです。

特集一覧

ラスト3m「チラッと見て勝てるかな」 大橋悠依、勝負かけ2冠

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
女子200メートル個人メドレー決勝を制し拳を突き上げ喜ぶ大橋悠依=東京アクアティクスセンターで2021年7月28日、梅村直承撮影
女子200メートル個人メドレー決勝を制し拳を突き上げ喜ぶ大橋悠依=東京アクアティクスセンターで2021年7月28日、梅村直承撮影

 東京オリンピックは第6日の28日、競泳の女子200メートル個人メドレー決勝が東京アクアティクスセンターであり、初出場の大橋悠依(25)=イトマン東進=が400メートル個人メドレーに続いて金メダルを獲得した。個人種目での日本選手による同一大会2冠は、2004年アテネ五輪、08年北京五輪の北島康介以来、2人目で、女子では初の快挙。「2冠女王」として記者会見に臨んだ大橋のコメントは次の通り。

 (2冠には)正直、全然実感がない。本当に自分がやったことなのかなという感じ。自分は不調が続いていて、意識することなく五輪に来ることができたのが良かった。今日は(男子200メートルバタフライで)本多灯選手が端っこ(のレーン)からメダルを取ってくれたので、自分にエンジンをかけることができた。

この記事は有料記事です。

残り297文字(全文637文字)

【東京オリンピック】

時系列で見る

次に読みたい

あわせて読みたい

注目の特集