特集

東京オリンピック

東京オリンピックに関する特集ページです。

特集一覧

野球が自動車カテゴリでトレンド入り エンジン全開の投球、彼の名は…

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
【日本-ドミニカ共和国】ドミニカ共和国の先発投手を務めた巨人のメルセデス=福島県営あづま球場で2021年7月28日、大西岳彦撮影
【日本-ドミニカ共和国】ドミニカ共和国の先発投手を務めた巨人のメルセデス=福島県営あづま球場で2021年7月28日、大西岳彦撮影

 東京オリンピック第6日の28日、野球の日本はドミニカ共和国との初戦に4―3でサヨナラ勝ちした。日本を苦しめたのは、巨人でプレーするドミニカ共和国の先発左腕、C・C・メルセデスだ。愛称はドイツの高級車になぞらえて「ベンツ」。登板と同じ時間帯にはツイッターで「メルセデス」が自動車のカテゴリーでトレンド入りするなど、「エンジン全開」の投球で話題も席巻した。

 メルセデスは間隔の短いリズム感ある投球が持ち味。一回2死から吉田正(オリックス)に左前打を浴びたが、その後は六回まで無安打と完璧な投球で流れを作った。七回は先頭から2連打を浴びてマウンドを降り、後続も粘れず失点したが、七回途中3安打1失点、7奪三振。チームはサヨナラ負けで黒星スタートとなったが、力投が光った。

この記事は有料記事です。

残り207文字(全文540文字)

【東京オリンピック】

時系列で見る

次に読みたい

あわせて読みたい

注目の特集