特集

東京オリンピック

東京オリンピックに関する特集ページです。

特集一覧

酷暑五輪 「鉄人」も相次ぎ倒れ 招致時には「理想的気候」…

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
30度を超える暑い日が続く中、屋外で活動する東京オリンピックのボランティアは「かぶる傘」をつけて暑さ対策をしていた=東京都江東区で2021年7月25日午前10時、平川義之撮影
30度を超える暑い日が続く中、屋外で活動する東京オリンピックのボランティアは「かぶる傘」をつけて暑さ対策をしていた=東京都江東区で2021年7月25日午前10時、平川義之撮影

 新型コロナウイルスの感染対策に注目が集まる東京オリンピックだが、当初から「最大の課題」とされたのが暑さ対策だ。日本特有の蒸し暑さは開幕後、連日のように続く。「酷暑五輪」の現実に、選手や海外メディアからは懸念や不満の声が聞こえる。

ジョコビッチ「日中に試合、理解できない」

 台風8号が去った関東は28日、真夏の暑さが戻り、再び「酷暑五輪」の懸念が高まっている。東京都江東区の有明テニスの森公園の屋外テニスコートは照り返しが強く、日中はコート上の温度が50度近くに達することもある。男子シングルスの錦織圭選手(31)=日清食品=は「湿気で徐々に体力にダメージを受ける。日中に3セットをするのは怖い」と明かすほどだ。

 この日の3回戦は高温多湿の中、苦悶(くもん)の表情で戦い抜いた。錦織選手は日本協会が暑熱対策の切り札とする冷却剤の入った「アイスベスト」をベンチで着て、何度も頭に氷を乗せて水をかぶった。

 だが、誰もが錦織選手のように周到な準備で臨んでいるわけではない。通例、プロツアー大会はアジアでは秋に開催されるため、未経験の過酷な環境に選手からは不満の声が上がる。世界ランキング1位のノバク・ジョコビッチ選手(34)=セルビア=は「なぜ日中に試合をするのか理解できない」と嘆き、別のトップ選手も気温が下がる夕方の試合開催を要望する。

 東京五輪は開幕して第6日を迎えたが、酷暑に苦しめられる事例が相次ぐ。初日の23日には、アーチェリー女子に出場したロシア・オリンピック委員会(ROC)のスベトラーナ・ゴムボエワ選手(23)が暑さの影響で気を失い、倒れた。ロイター通信によると、チームドクターの診断は熱中症だったという。ゴムボエワ選手は2日後、女子団体で銀メダルを獲得。体調面の質問に「コーチには『心配しないで』と話した」と当時の様子を語った。

 25日のスケートボード男子ストリートでは、「絶対王者」と呼ばれるナイジャ・ヒューストン選手(26)=米国=が7位と…

この記事は有料記事です。

残り1594文字(全文2422文字)

【東京オリンピック】

時系列で見る

次に読みたい

あわせて読みたい

この記事の筆者
すべて見る

注目の特集