特集

東京オリンピック

東京オリンピックに関する特集ページです。

特集一覧

上野由岐子「もうエースでいたいと思わない」 熱望した若手の台頭

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
【日本-米国】金メダルを獲得し記念撮影する上野由岐子(前列右から3人目)、宇津木麗華監督(同右端)ら日本チーム=横浜スタジアムで2021年7月27日、大西岳彦撮影
【日本-米国】金メダルを獲得し記念撮影する上野由岐子(前列右から3人目)、宇津木麗華監督(同右端)ら日本チーム=横浜スタジアムで2021年7月27日、大西岳彦撮影

 東京オリンピックのソフトボールは日本の「連覇」で幕を閉じた。27日に行われた決勝で、日本は宿敵・米国を破り、2008年北京五輪に続いて金メダルを獲得した。

 日本の快進撃に20歳の左腕が大きく貢献したことは間違いない。チーム最年少の後藤希友(みう)=トヨタ自動車=は5試合で10回3分の2を投げ、被安打3、22奪三振で無失点。未来の日本のエース候補として強烈なインパクトを残した。

 後藤は22日のメキシコ戦で39歳のエース・上野由岐子(ビックカメラ高崎)を救援して五輪初勝利。試合後、上野は若き左腕を手放しでたたえた。「力のあるボールを投げられる投手。後を任せるのに頼もしい」

この記事は有料記事です。

残り385文字(全文673文字)

【東京オリンピック】

時系列で見る

次に読みたい

あわせて読みたい

注目の特集