特集

東京オリンピック

東京オリンピックに関する特集ページです。

特集一覧

瀬戸大也「落ちたと思った」 ルーティン変えて臨み予選突破

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
男子200メートル個人メドレー予選、400メートルで優勝したチェース・ケイリシュ(左)にレース後に話しかけられる瀬戸大也=東京アクアティクスセンターで2021年7月28日、梅村直承撮影
男子200メートル個人メドレー予選、400メートルで優勝したチェース・ケイリシュ(左)にレース後に話しかけられる瀬戸大也=東京アクアティクスセンターで2021年7月28日、梅村直承撮影

 東京オリンピックは第6日の28日、競泳の男子200メートル個人メドレー予選が東京アクアティクスセンターであり、2019年世界選手権金メダルの瀬戸大也(27)=TEAM DAIYA=は1分58秒15の全体16位で、上位16人による29日の準決勝に進んだ。瀬戸はいつものルーティンを変えてレースに臨んだ。レース後の瀬戸のコメントは次の通り。 

 (2種目で決勝に進めず)日常生活は全部違うことをしている。(今日はヘッドホンで)音楽を聴いて入ってきていない。会場の音を感じながら泳ぎたいと思った。食べものや座る椅子の場所を変え、ゴーグル、キャップも新しいものにした。

この記事は有料記事です。

残り184文字(全文464文字)

【東京オリンピック】

時系列で見る

次に読みたい

あわせて読みたい

注目の特集