連載

日々是・感劇

毎日新聞デジタルの「日々是・感劇」ページです。最新のニュース、記事をまとめています。

連載一覧

日々是・感劇

五輪もいいけど

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷

 いろんな意味で記憶に刻まれそうな五輪。個人的には、開会式パフォーマンスでの森山未來の死者を追悼する舞にザワザワさせられた。というのも、つい最近、五輪と原発政策のひずみをあぶり出した「未練の幽霊と怪物」(岡田利規作・演出)の「挫波(ザハ)」で、新国立競技場のデザインが白紙撤回された建築家、ザハ・ハディドの想念を舞っていたから。いわくつきの競技場での舞に、鎮魂と同時に強烈なアイロニーを感じずにはいられなかった。

 そんな五輪を演劇人がどう検証するのか。それは今後のお楽しみとして、やはり眼下のコロナである。

この記事は有料記事です。

残り519文字(全文772文字)

あわせて読みたい

この記事の特集・連載
すべて見る

注目の特集