花が望んだ優しい世界に 中傷投稿、終止符きっと 母・木村響子さん「SNS教育したい」

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
木村花さんを中傷する投稿をした男性に賠償を命じる判決が出た後、記者会見する響子さん=東京都千代田区で2021年5月19日午後3時33分、小林努撮影
木村花さんを中傷する投稿をした男性に賠償を命じる判決が出た後、記者会見する響子さん=東京都千代田区で2021年5月19日午後3時33分、小林努撮影

 #EndTheHate(中傷を終わらせよう)――。2020年5月に22歳で亡くなったプロレスラー、木村花さんの母響子さんは、ネット交流サービス(SNS)上での中傷をなくすため、NPO法人「Remember HANA(リメンバーハナ)」の設立準備を進めている。「花が望んだ優しい世界にしたい」。自身も中傷を受けながら活動を続ける響子さんが考える新たな対策とは。【聞き手・木原真希】

 ――花さんが亡くなり、ネット上での中傷投稿は大きな問題となりました。その後、中傷をめぐるネット空間での変化はありますか。

この記事は有料記事です。

残り1584文字(全文1835文字)

あわせて読みたい

注目の特集