空襲犠牲者を追悼 青森で集会や祈念式典 /青森

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
空襲の犠牲者に折り鶴を手向け手を合わせる参列者=青森市中央の青森市役所前で2021年7月28日、江沢雄志撮影
空襲の犠牲者に折り鶴を手向け手を合わせる参列者=青森市中央の青森市役所前で2021年7月28日、江沢雄志撮影

 1018人が亡くなった太平洋戦争末期の青森空襲から28日で76年を迎えた。青森市内では追悼集会や平和祈念式典が行われ、参列した人たちが犠牲者に手を合わせ、冥福を祈った。

 青森市役所前の「空襲・戦災都市青森の碑」前では、遺族らによる追悼集会が行われた。2005年から毎年実施されており、今年は市内外から遺族ら約20人が参加。全員で黙とうをささげ、石碑に折り鶴をそなえた。主催する「青森空襲を記録する会」(同市)の今村修会長(79)は、「東北最大の犠牲を出した空襲を語り…

この記事は有料記事です。

残り352文字(全文586文字)

あわせて読みたい

注目の特集