結婚費用♡自治体が支援 披露宴、新婚旅行、フォトウエディング… 婚姻数減や少子化対策 /青森

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
青森県むつ市で自然公園「日本ジオパーク」認定の地域の景観を生かしたフォトウエディング(写真での結婚式)
青森県むつ市で自然公園「日本ジオパーク」認定の地域の景観を生かしたフォトウエディング(写真での結婚式)

 婚姻数の減少や少子化対策として行政主導で出会いの場を設けたり結婚式場に名所を貸したりさまざまな企画が打ち出される中、式や記念撮影の費用まで助成する自治体が出ている。新型コロナウイルス感染拡大の影響で苦境に立つ関連業者も歓迎している。

コロナで苦境の関連業者も歓迎

 三沢市が6月から始めたのが、結婚式や披露宴、新婚旅行などの費用を最大30万円支援する「結婚メモリアル助成金」。市のホームページやカップルが利用している会員制交流サイト(SNS)に、写真やエピソードを投稿してもらうのが条件だ。

 三沢市の2019年の婚姻件数は244件で01年より3割以上減った。式の出席者は結婚を意識する傾向にあるとの民間調査を知った市職員が発案した。例年10件程度ある新婚旅行予約がなくなったという市内の旅行代理店は助成金利用を望むカップルが相談に訪れていると喜ぶ。

この記事は有料記事です。

残り375文字(全文748文字)

あわせて読みたい

注目の特集