常陸国出雲大社、医療機関に寄付 「お役に立てば」 /茨城

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
(左から)高橋正宣宮司から寄付金を手渡される、水谷太郎理事長と梶井英治病院長=茨城県筑西市大塚で2021年6月29日、安味伸一撮影
(左から)高橋正宣宮司から寄付金を手渡される、水谷太郎理事長と梶井英治病院長=茨城県筑西市大塚で2021年6月29日、安味伸一撮影

 笠間市福原の常陸国出雲大社は、筑西市大塚の県西部メディカルセンターに100万円を寄付した。

 高橋正宣(ただのぶ)宮司(74)は2020年から今年にかけて、胆のう炎の治療や検査のため同センターに2度入院。「コロナの最中、丁寧に調べていただいた」として、「医療のためにお役に立てば」と持参した。同センタ…

この記事は有料記事です。

残り65文字(全文215文字)

あわせて読みたい

注目の特集