全国高校軟式野球 千葉大会 拓大紅陵が優勝 市川降し南関東へ /千葉

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
優勝を決めて笑顔を見せる拓大紅陵ナイン=千葉県佐倉市の長嶋茂雄記念岩名球場で
優勝を決めて笑顔を見せる拓大紅陵ナイン=千葉県佐倉市の長嶋茂雄記念岩名球場で

 第66回全国高校軟式野球選手権の千葉大会(県高野連軟式部など主催、毎日新聞千葉支局など後援)は28日、佐倉市の長嶋茂雄記念岩名球場で決勝があり、拓大紅陵が市川を3―0で破って2大会連続7回目の優勝を果たした。拓大紅陵は南関東大会に出場し、2016年以来の全国大会出場を目指す。

 拓大紅陵は五回2死二、三塁で藤代大の左…

この記事は有料記事です。

残り231文字(全文390文字)

あわせて読みたい

注目の特集