柏崎刈羽原発 火気使用の工事中断 東電が五輪期間中 /新潟

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷

 東京電力は28日、東京オリンピック・パラリンピックの開催期間中、柏崎刈羽原発内で火気使用を伴う工事を中断すると発表した。理由について「万が一を考えた上での対応」と説明している。

 東電によると、中断するのは同原発構内の配管の溶接工事など火気を伴う作業全般。中断期間は五輪期間の21日~8月8日と、パラリンピック期間の8月24日~9月5日で、8月9日~23日は作業を行う。工期の遅れなどの影響はない…

この記事は有料記事です。

残り297文字(全文495文字)

あわせて読みたい

注目の特集