連載

アートな窓

「アートな窓」は東海地方で活動するアーティストに開放するコーナーです。作品写真と文章を募集しています。

連載一覧

アートな窓

観客との関係性模索=ダンサー・振付家 浅井信好 /愛知

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷
「Peeping Garden」公演写真
「Peeping Garden」公演写真

 14歳から名古屋でストリートダンスを学び、18歳で上京した。有名ミュージシャンの振り付けやバックダンサーを担当する中で、作品を「生み出す速度と消費される速度」の早さに耐え難い苦痛を感じるようになり、エンターテインメント業界から舞台芸術業界へと転身した。

 2006年から5年間、舞踏カンパニー「山海塾」に所属。年間約90日間は世界各国を海外公演で回った。あらゆる文化や言語をシャワーのように浴び続けることで、私の中で創作拠点を海外に移したいという思いが強くなり、09年に単身渡独。16年までドイツやイスラエル、フランスを拠点に創作活動を行いながら、これまで35カ国150以上の都市で公演を行ってきた。

 16年に地元名古屋に拠点を移し、フィジカルシアターカンパニー「月灯(あか)りの移動劇場」を創設。中川運河に隣接するリンナイ旧部品センターを創作拠点に、中川運河から世界に発信できる舞台芸術作品を生み出すことを目標に地元の町工場と連携し、「ものづくり+舞台芸術」をテーマとした作品を数多く発表してきた。

この記事は有料記事です。

残り653文字(全文1103文字)

あわせて読みたい

マイページでフォローする

この記事の特集・連載
すべて見る

ニュース特集