しが☆スポ てっぺんとったる!! 女子小学生ソフトボール 草津レインボーガールズ /滋賀

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷

31日から宮崎で夏の全国大会 己磨き、個性輝かせて

 女子小学生ソフトボールチーム「草津レインボーガールズ」が、31日から宮崎市で始まる「第35回全日本小学生女子ソフトボール大会」に、県代表として出場する。全国優勝を目指して練習に励む選手たちを取材した。【礒野健一】

 2008年創部。草津市を中心に周辺の大津市や栗東市なども含め、幼稚園年長から小学6年まで32人が白球を追って汗を流している。小学生の全国大会は年2回、春と夏にあり、レインボーガールズは13年から春夏とも8大会連続で全国大会に出場。最高成績は18年夏の3位だ。

 今年3月に鹿児島県南九州市であった春季全国大会では、初戦で静岡代表チームと対戦し、延長の末サヨナラ負けした。勝馬由起監督(52)は「リードしながら追いつかれる展開で、最後はスクイズを決められて負けた。試合後はみんな泣いていた」と振り返る。その試合から1点の大切さを学び、ピンチでも慌てないよう守備練習に時間を割く。

この記事は有料記事です。

残り672文字(全文1092文字)

あわせて読みたい

注目の特集