天の川、端まで見えるよ みさと天文台、大規模改修終えオープン 大型展望デッキなど新設 /和歌山

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷
ドームを交換した大型望遠鏡(中央)がそびえ、「宙の学舎」(左奥)が新設されるなどしたみさと天文台=紀美野町で2021年7月7日午後3時25分、松本博子撮影
ドームを交換した大型望遠鏡(中央)がそびえ、「宙の学舎」(左奥)が新設されるなどしたみさと天文台=紀美野町で2021年7月7日午後3時25分、松本博子撮影

 みさと天文台(紀美野町)が、1年にわたる改修を終え、リニューアルオープンした。視野を広げるため樹木を伐採し、長さ45メートル、幅6メートルの大型星空展望デッキを新設したほか、大型望遠鏡のドーム部分を交換して開閉速度を上げ、内部に映像が投影できるように。新プラネタリウムは投影スクリーンが直径8メートルと従来の2倍となり、解像度も面積比で4倍となった。事業費は約5億3000万円。【松本博子】

この記事は有料記事です。

残り466文字(全文662文字)

あわせて読みたい

ニュース特集