旅館宿泊とテント滞在、楽しもう 波津海岸で「リョカンピング」 観光協会など県内初の事業 岡垣 /福岡

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
波津海岸に設置された「リョカンピング」の特設テント(手前右)。中央奥は旅館、左側は響灘
波津海岸に設置された「リョカンピング」の特設テント(手前右)。中央奥は旅館、左側は響灘

 岡垣町の波津(はつ)海岸で、海岸沿いの旅館への宿泊と特設テント滞在を組み合わせた「リョカンピング」が始まった。観光客は昼間は海水浴を楽しんだり、テントで休憩したりして過ごし、夕方はバーベキューを楽しんだ後、2軒の旅館のいずれかに宿泊する。町観光協会など町内3団体による事業で、県内初の取り組みという。

 新型コロナウイルスの感染拡大が続く中、室内に密集しない形で観光客を呼び込むのが狙い。事業名は手軽にアウトドアを楽しめる「グランピング」と旅館から付けた。海岸を管理する県も地域振興の一環として、テント設置など海岸使用を認めた。

この記事は有料記事です。

残り125文字(全文389文字)

あわせて読みたい

注目の特集