連載

なるほドリ

ニュースの背景や素朴な疑問を「なるほドリ」が質問。担当記者がQ&Aでわかりやすく答えます。

連載一覧

なるほドリ

石炭火力、本当に減ってるの? 欧州で全廃の動き、中国では新設続く=回答・八田浩輔

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
煙と蒸気が上がる火力発電所=中国・山西省で2019年11月28日、AP
煙と蒸気が上がる火力発電所=中国・山西省で2019年11月28日、AP

 なるほドリ 地球温暖化対策(ちきゅうおんだんかたいさく)で石炭火力発電(せきたんかりょくはつでん)を無くそうとする国が増えているんだね。

 記者 欧州(おうしゅう)が先行しています。主要国(しゅようこく)では、フランスが2022年▽英国が24年▽イタリアが25年▽ドイツが38年――までの全廃(ぜんぱい)を目指しています。環境団体のまとめによると、温暖化対策の国際枠組み「パリ協定(きょうてい)」が採択(さいたく)された15年末に欧州で324カ所あった石炭火力発電所のうち、半数が既に閉鎖(へいさ)されたか30年までに閉鎖されることが決まっています。

この記事は有料記事です。

残り636文字(全文911文字)

あわせて読みたい

この記事の特集・連載
すべて見る

注目の特集