連載

経済記者「一線リポート」

最前線で取材を続ける毎日新聞経済部記者が交代で執筆します。

連載一覧

経済記者「一線リポート」

介護、進むデジタル化 心配を可視化 現場の負担軽減

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷
「そんぽの家 国立南」で導入されているセンサー付きベッドに横たわる入居者。心拍数や呼吸数などが計測される=東京都国立市で5月11日午後、池田美欧撮影
「そんぽの家 国立南」で導入されているセンサー付きベッドに横たわる入居者。心拍数や呼吸数などが計測される=東京都国立市で5月11日午後、池田美欧撮影

 「介護の負担を減らす良い方法はないか」。介護を巡って起きた殺人事件をかつて取材して以来、思ってきたことだ。保険業界にも介護を手がける会社があり、介護現場のデジタル化に取り組んでいると聞いた。介護の負担軽減につながるのか。取材して考えてみた。

 2016年9月、佐賀県内のある一軒家。男性(当時69歳)は妻(当時71歳)の名前を呼んだ。「もう死んでくれ。俺も死ぬから。俺も一緒に死ぬからもう死んでくれ」。そして男性は延長コードで妻の首を絞めた。苦しみ始める妻を前に「こんなことしたくなかった。すまんのお、すまん。俺も後で行くから我慢してくれ」と許しを請うた。

 3月まで在籍した前任地の佐賀支局で取材した「老老介護殺人」事件の地裁公判で明らかにされた内容だ。男性は妻を殺害した後、延長コードで首をつったり、川に飛び込んだりしたが死にきれず、警察官に救出された後に逮捕された。

この記事は有料記事です。

残り1765文字(全文2150文字)

あわせて読みたい

マイページでフォローする

この記事の特集・連載
すべて見る

ニュース特集