特集

東京オリンピック

東京オリンピックに関する特集ページです。

特集一覧

東京2020+1

第6日 柔道 女子70キロ級 新井、挫折越え頂点 5年前落選、技の幅広げ

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
柔道女子70キロ級決勝、オーストリアのミヒャエラ・ポレレス(下)を攻める新井千鶴=日本武道館で2021年7月28日、徳野仁子撮影
柔道女子70キロ級決勝、オーストリアのミヒャエラ・ポレレス(下)を攻める新井千鶴=日本武道館で2021年7月28日、徳野仁子撮影

 <ともに生きる。ともに輝く。>

 今まで見たことのない新井の満面の笑みだった。「何度もくじけそうになったが、ここまでやってきて、良かった」。2016年リオデジャネイロ五輪の代表落選を経て、金メダルにたどりついた喜びが詰まっていた。

 マディナ・タイマゾワ(ROC)との準決勝は延長含めて16分の激戦。何度技を仕掛けても、相手は起き上がってきた。顔は紅潮し、息は絶え絶え。それでも「気持ちだけは引かない」と、目は鋭さを失わなかった。寝技を仕掛けること10回近く。最後は指3本しか掛かっていない手にすべての力を込め、絞め技で決着させた。約1時間半後に行われた決勝では左足を引っかけ、片足跳びで追い掛けて倒し、技ありを奪った…

この記事は有料記事です。

残り464文字(全文772文字)

【東京オリンピック】

時系列で見る

あわせて読みたい

この記事の特集・連載
すべて見る

注目の特集