特集

東京オリンピック

東京オリンピックに関する特集ページです。

特集一覧

東京五輪・テニス

錦織圭vsジョコビッチ(準々決勝) テキスト速報

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷

60秒で自動更新

  • ON
  • OFF
準々決勝(試合終了) 1 2 3 SET
セルビア
N.ジョコビッチ

6

6

2
日本
錦織圭
2
0

0

男子シングルス準々決勝、ショットが決まらず悔しがる錦織圭=有明テニスの森公園で2021年7月29日、宮間俊樹撮影
男子シングルス準々決勝、ショットが決まらず悔しがる錦織圭=有明テニスの森公園で2021年7月29日、宮間俊樹撮影

錦織、準々決勝敗退

 東京オリンピック第7日の29日、テニスの男子シングルス準々決勝が有明テニスの森公園であり、世界ランキング69位の錦織圭(日清食品)は第1シードのノバク・ジョコビッチ(セルビア)に2―6、0―6のストレートで敗れ、2大会連続のメダル獲得はならなかった。

気温30度近い中での激闘…ジョコビッチ戦を写真特集で


▼第2セット

ゲーム経過 1 2 3 4 5 6 7
セルビア
N.ジョコビッチ
K B K B K B
日本
錦織圭








8 9 10 11 12

セルビア
N.ジョコビッチ







日本
錦織圭







K:キープ B:ブレーク T:タイブレーク

錦織を破り、準決勝進出を決めたジョコビッチ=2021年7月29日、AP
錦織を破り、準決勝進出を決めたジョコビッチ=2021年7月29日、AP

【第6ゲーム】ポイント先行を許した錦織だったが、粘りをみせてデュースに持ち込む。しかし、最後はジョコビッチの見事なリターンエースに沈んだ。ジョコビッチがブレークに成功!第2セット連取で準決勝進出を決めた。錦織は2大会連続のメダルに届かず、ベスト8で姿を消した

【第5ゲーム】ジョコビッチがサービスキープ。オープンコートを作ってのストレートのバックショット。ジョコビッチの組み立てが見事に決まる。錦織の動きに疲労の色がうかがえる

【第4ゲーム】ジョコビッチがブレーク。好ショットでジョコビッチを追い詰めるも、ポイントにつながらない錦織。最後はダブルフォルト

男子シングルス準々決勝、ボールに食らいつく錦織圭=有明テニスの森公園で2021年7月29日、宮間俊樹撮影
男子シングルス準々決勝、ボールに食らいつく錦織圭=有明テニスの森公園で2021年7月29日、宮間俊樹撮影

【第3ゲーム】ジョコビッチがラブゲームでキープ

【第2ゲーム】ジョコビッチが再び先にブレーク。角度をつけて錦織を左右に揺さぶった

【第1ゲーム】ジョコビッチがキープ。錦織がプレークポイントを握るも、ジョコビッチの深いショットに苦戦した


▼第1セット

ゲーム経過 1 2 3 4 5 6 7
セルビア
N.ジョコビッチ
K B K
K
K
日本
錦織圭



K
K

8 9 10 11 12

セルビア
N.ジョコビッチ
B





日本
錦織圭







K:キープ B:ブレーク T:タイブレーク

男子シングルス準々決勝でセルビアのノバク・ジョコビッチと対戦する錦織圭=有明テニスの森公園で2021年7月29日、宮間俊樹撮影
男子シングルス準々決勝でセルビアのノバク・ジョコビッチと対戦する錦織圭=有明テニスの森公園で2021年7月29日、宮間俊樹撮影

【第8ゲーム】フォアから前に出た錦織だったが、ジョコビッチの強烈なバックハンドのクロスに対応できず。最後はネットプレーを制して、ジョコビッチがブレーク。第1セットを奪う!

【第7ゲーム】ジョコビッチがキープ。強烈なバックハンドからのドロップショットやダウンザラインが炸裂した錦織だったが、ジョコビッチに押しきられた

【第6ゲーム】錦織が苦しみながらもキープ。先行したが、デュースまでもつれる展開。両者ミスが出る中で錦織が粘った

【第5ゲーム】ジョコビッチがキープ。錦織はサーブで押し込まれる

【第4ゲーム】錦織がサービスキープ。ジョコビッチの形勢逆転のバックハンドが要所で決まる。30-30となりながらも、最後は錦織がウイナーを決めた

【第3ゲーム】ジョコビッチが難なくラブゲームキープ

【第2ゲーム】ジョコビッチがブレーク!錦織の攻めのフォアは惜しくもアウト。ジョコビッチ、序盤から気合いの入ったガッツポーズ

【第1ゲーム】ジョコビッチのショットが外れて最初のポイントは錦織。デュースまでもつれたが、最後は錦織のバックハンドがネットにかかり、ジョコビッチがキープ


ウォーミングアップを終えて、ジョコビッチのサービスゲームで試合開始

【選手登場】

錦織に続いてジョコビッチが「センターコート」に登場。両者とも上は赤、下は白というウエアを着用。ジョコビッチは胸にLACOSTE(ラコステ)、錦織はUNIQLO(ユニクロ)のロゴ。コイントスでジョコビッチがサーブを選択。ウォーミングアップへ。両者の対戦成績は錦織の2勝16敗


メダル獲得へ 錦織、ジョコビッチと激突

 男子シングルス3回戦で、世界ランキング69位の錦織圭(日清食品)が同66位のイワシュカ(ベラルーシ)に7―6、6―0で勝ち、3大会連続の8強入りを果たした。7月29日の準々決勝で、第1シードのジョコビッチ(セルビア)と対戦する。

探求心忘れない 錦織、原点は「遊び心のあるテニス」

メドベージェフ「死ぬかも」 暑さで時間変更

テニス男子シングルス3回戦、ショットを放つ錦織圭=有明テニスの森公園で2021年7月28日、宮間俊樹撮影
テニス男子シングルス3回戦、ショットを放つ錦織圭=有明テニスの森公園で2021年7月28日、宮間俊樹撮影

3回戦は「紙一重の試合だった」

 試合は蒸し風呂のような湿度の高いコートで2時間に及んだ。錦織は精根尽き果てた表情を見せた。ベンチで水を手にしたまま、しばらく動けない。「もう何も考えられなかったので目の前のポイントに集中していた」。まさに気力の勝利だった。

 初対戦のイワシュカの低く伸びるショットに何とか食らいついた。第1セットは3度ブレークを許しても、いずれも直後に取り返す。タイブレークにもつれてセットポイントを先に握られてもしのぎ、1時間21分の末に先取した。

 30度を超えた気温と70%以上の湿度に体力を奪われる中、第2セットはイワシュカから6ゲームを連取した。それでも第1セットを落とせば逆の展開も考えられただけに、錦織は「紙一重の試合だったなとすごく思う」と険しい表情を崩さなかった。準々決勝の相手は今季の4大大会3連勝中で、同じ年に4大大会と五輪を全制覇する「年間ゴールデンスラム」を狙うジョコビッチ。錦織は「まだまだこれから。この勝利を自信にして臨む」と気合を入れ直した。【浅妻博之】

炎天下の熱戦 3回戦の試合詳報はこちら

「生き方に影響」大坂が日本代表にこだわった理由


【2016リオの激闘】ナダル破って銅メダル

【テニス】男子シングルス3位決定戦第3セット、ラファエル・ナダルを破り日の丸を掲げ万感の表情の錦織圭=リオデジャネイロの五輪テニスセンターで2016年8月14日、梅村直承撮影
【テニス】男子シングルス3位決定戦第3セット、ラファエル・ナダルを破り日の丸を掲げ万感の表情の錦織圭=リオデジャネイロの五輪テニスセンターで2016年8月14日、梅村直承撮影

 リオデジャネイロ五輪テニス男子シングルス3位決定戦。第4シードの錦織圭(日清食品)は、第3シードのナダル(スペイン)に6−2、6−7、6−3で勝ち、銅メダルを獲得した。

 日本勢のメダルは、1920年のアントワープ五輪での熊谷一弥が男子シングルスで、熊谷と柏尾誠一郎組がダブルスでともに銀メダルを獲得して以来96年ぶりだった。

【ウィンブルドン制覇】ジョコビッチがGS20勝到達

【男子シングルス決勝】優勝トロフィーを掲げるジョコビッチ=AP
【男子シングルス決勝】優勝トロフィーを掲げるジョコビッチ=AP

 テニスの4大大会、ウィンブルドン選手権男子シングルス決勝で、第1シードのノバク・ジョコビッチ(セルビア)が、第7シードのマテオ・ベレッティーニ(イタリア)を6―7、6―4、6―4、6―3で降し、大会3連覇を達成した。フェデラー、ナダルと並ぶ男子歴代最多の4大大会20度目の優勝を果たした。

▶第2セットからギアチェンジ 決勝を詳報で振り返る


あわせて読みたい

この記事の特集・連載
すべて見る

注目の特集