福島第1原発の処理水でヒラメ飼育へ 東電、海洋放出方針受け

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷

 東京電力は29日、福島第1原発の処理水を海水で薄めた水でヒラメを飼育する試験を来年夏に始めると発表した。処理水の海洋放出方針が決まったことを受け、含まれる放射性物質トリチウムの影響などを調べる。海水でも飼育し、結果を比べる。

 東電は処理水を海水で薄め、2023年春ごろに海洋放出を始める方針だが、風…

この記事は有料記事です。

残り114文字(全文264文字)

あわせて読みたい

注目の特集