慢性腎臓病の初の治療薬、近く正式承認 国内患者1300万人

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
厚生労働省が入る中央合同庁舎第5号館=東京・霞が関で、竹内紀臣撮影
厚生労働省が入る中央合同庁舎第5号館=東京・霞が関で、竹内紀臣撮影

 厚生労働省の専門部会は28日、糖尿病や慢性心不全の治療薬「フォシーガ」を、慢性腎臓病にも使えるようにすることを了承した。近く正式に承認される。厚労省によると、慢性腎臓病への効能・効果が明記される治療薬は国内初。糖尿病や高血圧などが主な原因となり腎臓機能が低下する病気で、国内の患者は約1300万人と…

この記事は有料記事です。

残り67文字(全文217文字)

次に読みたい

あわせて読みたい

注目の特集