益川敏英さんが死去 2008年ノーベル物理学賞 81歳

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
益川敏英さん 81歳=ノーベル物理学賞受賞者(7月23日死去)
益川敏英さん 81歳=ノーベル物理学賞受賞者(7月23日死去)

 素粒子物理学の分野で、クォークに関する「小林・益川理論」で2008年のノーベル物理学賞を受賞した京都大名誉教授、名古屋大特別教授の益川敏英(ますかわ・としひで)さんが23日、上顎(じょうがく)歯肉がんのため死去した。81歳。葬儀は家族のみで営んだ。「お別れの会」などの開催は未定。

 名古屋市出身、名大理学部卒。名大助手、京大理学部助手、東京大原子核研究所助教授を経て、1980年、京大基礎物理学研究所教授に就任、所長も務めた。03年から京都産業大(京都市)教授を務め、在任中にノーベル賞を受賞した。

 名大では故湯川秀樹博士の中間子論を発展させた故坂田昌一博士の下で、素粒子論を研究。京大助手時代の73年、当時の同僚で後にノーベル賞を共同受賞する高エネルギー加速器研究機構の小林誠・特別栄誉教授とともに、原子を構成する基本的な粒子のクォークが6種類あるという「6元模型」を共同発表した。

この記事は有料記事です。

残り299文字(全文692文字)

あわせて読みたい

注目の特集