益川敏英さん死去 晩年まで護憲と平和訴え続け 学術会議問題でも声

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
記者会見に臨む(左から)下村脩さん、益川敏英さん、小林誠さん=スウェーデン・ストックホルムで2008年12月9日午後2時5分、北村隆夫撮影
記者会見に臨む(左から)下村脩さん、益川敏英さん、小林誠さん=スウェーデン・ストックホルムで2008年12月9日午後2時5分、北村隆夫撮影

 素粒子物理学の分野で、クォークに関する「小林・益川理論」で2008年のノーベル物理学賞を受賞した京都大名誉教授の益川敏英(ますかわ・としひで)さんが23日、上顎(じょうがく)歯肉がんのため死去した。

 5歳だった1945年3月に名古屋市で空襲を体験した益川さんは、「九条科学者の会」や「安全保障関連法に反対する学者の会」の呼びかけ人に名を連ね、晩年まで護憲と平和を訴え精力的に発言し続けた。核兵器と戦争の廃絶を目指す科学者らの国際組織「パグウォッシュ会議」の活動にも長年関わり、2015年11月に被爆地・長崎市での世界大会開催にも尽力。08年のノーベル化学賞受賞者で、16歳の時に爆心地から約12キロ離れた長崎県諫早市で原爆を…

この記事は有料記事です。

残り471文字(全文784文字)

あわせて読みたい

ニュース特集