特集

東京オリンピック

東京オリンピックに関する特集ページです。

特集一覧

学校に通えない、でも水泳は続けられた 砂間敬太が五輪で見せる背中

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
男子200メートル背泳ぎ予選で全体9位となり、準決勝へ進んだ砂間敬太選手=東京アクアティクスセンターで2021年7月28日、梅村直承撮影
男子200メートル背泳ぎ予選で全体9位となり、準決勝へ進んだ砂間敬太選手=東京アクアティクスセンターで2021年7月28日、梅村直承撮影

 砂間敬太選手(26)=イトマン東進=は念願の初舞台で引き締まった顔をしていた。28日の東京オリンピック競泳男子200メートル背泳ぎ予選を力強い泳ぎで突破。29日の準決勝に挑んだ。学校に通えない時期が長かった自分の泳ぎで、「何かを感じてもらえれば」という思いも胸に――。

 28日夜、最終組で予選を泳ぎ終えると、通過を確認するまで電光掲示板を見つめた。プールから上がると、肩で息をしながら言葉をつないだ。「今までやってきたことを信じて、予選通過できて、ほっとしている」。マスク越しの表情が少し緩んだように見えた。

この記事は有料記事です。

残り689文字(全文944文字)

【東京オリンピック】

時系列で見る

次に読みたい

あわせて読みたい

注目の特集