特集

新型コロナウイルス

新型コロナウイルスのニュース、国内での感染状況を報告します。

特集一覧

新型コロナ 緊急事態拡大へ まん延防止継続を転換 政府「後手批判」を警戒

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷

 政府は、新型コロナウイルスの感染拡大を巡って、首都圏3県や大阪府には緊急事態宣言を当面発令せず、「まん延防止等重点措置」のままで「様子見」する方針だった。だが、各地の感染急増に衝撃を受け、当初方針を維持すれば後手批判を浴びかねず、宣言への切り替えは避けられないと判断した。東京オリンピックが開かれる中、緩んだ国民の危機意識を戻すのは容易ではない。

 「今までのコロナとの対応の中で最も厳しい。政府は今まで以上にしっかりとしたメッセージ、正しい情報を国民に伝えてほしい」。政府の新型コロナ感染症対策分科会の尾身茂会長は29日の参院内閣委員会で、感染状況の悪化に危機感を示した。

この記事は有料記事です。

残り653文字(全文940文字)

【新型コロナウイルス】

時系列で見る

あわせて読みたい

この記事の特集・連載
すべて見る

注目の特集