特集

第79期名人戦

渡辺明名人に斎藤慎太郎八段が初挑戦する第79期名人戦を特集します。棋譜中継は「棋譜・対局結果」からご覧いただけます。

特集一覧

将棋

第80期名人戦A級順位戦 永瀬拓矢王座-広瀬章人八段 第4局の2

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷

鶴翼のような位取り

 永瀬の作戦は想像の上を行った。1筋に続き、9筋も2手掛けて突き越したのだ。鶴翼(かくよく)のような位取り。素人目には悠長に感じるが、永瀬には成算があったに違いない。もっともプロ視点でも異形らしく、局後広瀬は「本譜の構想は考えたことがなかった」と驚いていた。

 [先]6七銀右(途中図)と引いたのも独特だった。[後]6四歩と突かれると左銀の退路がなく、次に[後]7五歩で死ぬ。[先]7五歩で防いだが、今度はその位が負担になりそうだ。居玉のまま、四つ目の位を張った永瀬の指し方が異彩を放った。

 広瀬は[後]4二金~[後]3二玉と整備した後、7筋の位をとがめに出た。勢力に差があり、7六の銀は助からない。

この記事は有料記事です。

残り392文字(全文700文字)

【第79期名人戦】

時系列で見る

あわせて読みたい

この記事の特集・連載
すべて見る

注目の特集