「馬毛島アセスに地元意見配慮を」 鹿児島知事

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷

 鹿児島県の無人島・馬毛島(西之表市)への自衛隊基地建設計画を巡り、塩田康一知事は29日、防衛省が示している環境影響評価(アセスメント)の方法書に対し環境影響評価法に基づく意見を出した。知事は既にアセスを容認しているが、意見では馬毛島で航空機を使った訓練が行われた際の騒音や基地建設による環境への影響を正確に評価し、地元自治体の意見にも配慮するよう注文をつけた。

 防衛省は現在、硫黄島(東京)で実施されている米空母艦載機離着陸訓練(FCLP)の移転先として馬毛島の基地建設を計画。環境影響評価法では事業主体が示したアセス方法書に知事が意見することになっており、29日が期限だった。

この記事は有料記事です。

残り295文字(全文585文字)

あわせて読みたい

注目の特集