特集

東京オリンピック

東京オリンピックに関する特集ページです。

特集一覧

東京五輪・野球

日本vsメキシコ 1次リーグA組

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷

60秒で自動更新

  • ON
  • OFF

1 2 3 4 5 6 7 8 9
0 1 1 3 0 0 1 1 0 7
1 0 0 1 0 0 0 2 0 4

10 11 12 13 14 15


投手 本塁打
森下、伊藤、平良、栗林

山田(四回3ラン)、坂本(七回ソロ)

オラマス、アレドンド、サンチェス、バルガス、バヌエロス、アングアメア、ペレス、ブスタマンテ

メセネス(八回2ラン)

※速報のため公式記録と異なる場合があります。

 

侍ジャパン メキシコに勝ち2連勝 1位通過

【日本-メキシコ】試合に勝利し笑顔を見せる日本の選手たち=横浜スタジアムで2021年7月31日、大西岳彦撮影
【日本-メキシコ】試合に勝利し笑顔を見せる日本の選手たち=横浜スタジアムで2021年7月31日、大西岳彦撮影

 東京オリンピックの野球は31日、横浜市の横浜スタジアムで行われ、正式競技としては初の金メダルを狙う日本は、メキシコに勝って2連勝で1次リーグを1位通過した。8月2日に決勝トーナメント初戦でB組1位のチームと対戦する。

<侍ジャパン、一発攻勢 快勝を写真特集で振り返る>

メキシコ

九回裏メキシコの攻撃

ピッチャー交代。広島の守護神・栗林がマウンドへ

5番・エスピノサ ファーストゴロで1アウト

6番・ナバーロ ショートゴロで2アウト

7番・ジョンズJr 低めの変化球に空振り三振。3アウトで試合終了。日本が1位通過を決める

日本

九回表日本の攻撃

ピッチャー交代。左腕のペレスがマウンドへ

3番・吉田 一塁への鋭い打球をナバーロが好捕。1アウト

4番・鈴木 センターへの大きなフライ。2アウト

ピッチャー交代。ブスタマンテがマウンドへ

5番・浅村 見逃し三振で3アウト

メキシコ

八回裏メキシコの攻撃

今季、連続試合無失点記録を更新した平良がマウンドへ
代打・ゴインズ

代打・ゴインズ 空振り三振で1アウト

1番・ロドリゲス フォアボールを選び1アウト一塁

2番・エリサルデ レフトフライで2アウト一塁

3番・メネセス 左中間スタンドへの2ランホームラン。メキシコが3点差に追い上げ

4番・ゴンザレス 空振り三振で3アウト

日本

八回表日本の攻撃

7番・菊池 セカンドフライで1アウト

8番・村上 レフトフライで2アウト

9番・甲斐 ピッチャー強襲の内野安打で2アウト一塁

1番・山田 一塁走者の甲斐が盗塁成功。2アウト二塁。外角の球を鮮やかにセンター前にはじき返し、日本が追加点

2番・坂本 一塁走者の山田が盗塁成功。2アウト二塁。外角の変化球に空振り三振。3アウト

メキシコ

七回裏メキシコの攻撃

4番・ゴンザレス 高めの直球に空振り三振。1アウト

5番・エスピノサ センター前へのヒット。1アウト一塁

6番・ナバーロ 膝元を突く変化球に見逃し三振。2アウト一塁

7番・ジョンズJr フォアボールを選び、2アウト一、二塁

8番・ペーニャ センターフライで3アウト

日本

七回表日本の攻撃

メキシコは左腕のバヌエロスがマウンドへ

2番・坂本 内角低めを鮮やかにすくい上げ、レフトへソロホームラン

3番・吉田 センターフライで1アウト

4番・鈴木 フォアボールを選び、1アウト一塁

5番・浅村 外寄りの球に空振り三振。2アウト一塁

ピッチャー交代。アングアメアがマウンドへ

6番・柳田 鈴木が盗塁。キャッチャーの悪送球も重なり、2アウト三塁。強いゴロはセカンド正面。3アウト

メキシコ

六回裏メキシコの攻撃

ピッチャー交代 日本ハムのルーキー右腕・伊藤がマウンドへ

1番・ロドリゲス ショートゴロで1アウト

2番・エリサルデ 一、二塁間へのゴロをファーストの浅村が好捕。2アウト

3番・メネセス サードゴロで3アウト。伊藤、危なげなく3者凡退に打ちとる

日本

六回表日本の攻撃

ピッチャー交代 4人目は右腕バルガス

8番・村上 低めの球に空振り三振。1アウト

9番・甲斐 サードゴロで2アウト

1番・山田 ショートゴロで3アウト

メキシコ

五回裏メキシコの攻撃

6番・ナバーロ 高めの直球に空振り三振

7番・ジョンズJr ピッチャー強襲の当たり。弾いた森下が懸命に追いつき、一塁に送球したもののセーフ。1アウト一塁

8番・ペーニャ セカンドフライで2アウト一塁

9番・ウィルソン サードゴロで3アウト

日本

五回表日本の攻撃

4番・鈴木 ショートゴロで1アウト

5番・浅村 フルカウントから四球を選び、1アウト一塁

ピッチャー交代 右腕サンチェスがマウンドへ

6番・柳田 空振り三振で2アウト一塁

7番・菊池 ショートゴロで3アウト

メキシコ

四回裏メキシコの攻撃

2番・エリサルデ センター前ヒットでノーアウト一塁

3番・メネセス 右中間へのヒット。一塁走者のエリサルデは三塁へ。ノーアウト一、三塁

4番・ゴンザレス 速い当たりのセカンドゴロ。菊池が滑り込みながら好捕し、二塁に送球。ダブルプレーで2アウト。メキシコ、1点を返す

5番・エスピノサ セカンドゴロで3アウト

日本

四回表日本の攻撃

ピッチャー交代。右腕のアレドンドに

7番・菊池 セカンドゴロで1アウト

8番・村上 センター前ヒットで1アウト一塁

9番・甲斐 低めを思い切りよく振り切り、レフト線へのヒット。1アウト一、三塁

1番・山田 内角高めをレフトスタンドへ運ぶ3ランホームラン。日本、大会初ホームランは山田

2番・坂本 空振り三振で2アウト

3番・吉田 セカンドゴロで3アウト

【日本-メキシコ】四回表日本1死一、三塁、山田哲人が左越え3点本塁打を放つ=横浜スタジアムで2021年7月31日、大西岳彦撮影
【日本-メキシコ】四回表日本1死一、三塁、山田哲人が左越え3点本塁打を放つ=横浜スタジアムで2021年7月31日、大西岳彦撮影
メキシコ

三回裏メキシコの攻撃

8番・ペーニャ 外いっぱいの厳しいコースを突いて見逃し三振。1アウト

9番・ウィルソン ライトフライで2アウト

1番・ロドリゲス サードゴロで3アウト。森下、2イニング連続で3人で抑える

日本

三回表日本の攻撃

2番・坂本 レフト線への痛烈な当たりのツーベース。ノーアウト二塁

3番・吉田 三遊間へのゴロ。サード・ロドリゲスは二塁走者の坂本を一瞬気にしたため一塁間に合わず内野安打に。ノーアウト一、二塁

4番・鈴木 センターへのフライ。二塁走者・坂本はタッチアップ。1アウト一、三塁

5番・浅村 ボテボテのピッチャーゴロ。ピッチャーがこぼす間に坂本が思い切りよく本塁を突いて日本が勝ち越し。2アウト二塁

6番・柳田 ファーストゴロで3アウト

メキシコ

二回裏メキシコの攻撃

5番・エスピノサ セカンドゴロで1アウト

6番・ナバーロ 変化球で空振り三振。2アウト

7番・ジョンズJr ショートゴロで3アウト

日本

二回表日本の攻撃

5番・浅村 ライト前に運び、ノーアウト一塁

6番・柳田 空振り三振で1アウト一塁

7番・菊池 変化球をすくい上げ、レフト前ヒット。1アウト一、二塁

8番・村上 外角の球に空振り三振。2アウト一、二塁

9番・甲斐 たたきつけた打球は投手の頭上を越え、センター前に。タイムリーとなり、日本同点。2アウト一、二塁

1番・山田 レフトフライで3アウト

メキシコ

一回裏メキシコの攻撃

1番・ロドリゲス ライト前へのヒット。ノーアウト一塁

2番・エリサルデ ワイルドピッチでノーアウト二塁に。レフトフライで1アウト二塁

3番・メネセス センター前へタイムリーヒット。メキシコ先制。1アウト一塁

4番・ゴンザレス セカンドゴロでダブルプレー。3アウト

日本

一回表日本の攻撃

1番・山田 フルカウントからフォアボールで出塁。ノーアウト一塁

2番・坂本 空振り三振。山田が盗塁に成功し、1アウト二塁

3番・吉田 レフトへのライナー性のフライ。2アウト二塁

4番・鈴木 粘った末にライトへのフライ。3アウト

日本 日本スターティングメンバー
打順 位置 選手名
1 山田
2 坂本
3 吉田
4 鈴木
5 浅村
6 柳田
7 菊池
8 村上
9 甲斐
- 森下
メキシコ メキシコスターティングメンバー
打順 位置 選手名
1 ロドリゲス
2 エリサルデ
3 メセネス
4 ゴンザレス
5 エスピノサ
6 ナバーロ
7 ジョンズJr
8 ペーニャ
9 ウィルソン
- オラマス

初戦でサヨナラ勝ちの侍ジャパン 大きな意味を持つメキシコ戦へ

【日本-ドミニカ共和国】九回裏、坂本勇人の適時打でサヨナラ勝ちし、喜んでベンチから駆け出す日本の選手たち=福島県営あづま球場で2021年7月28日、大西岳彦撮影
【日本-ドミニカ共和国】九回裏、坂本勇人の適時打でサヨナラ勝ちし、喜んでベンチから駆け出す日本の選手たち=福島県営あづま球場で2021年7月28日、大西岳彦撮影

 初戦のドミニカ戦で逆転サヨナラ勝ちという劇的なスタートを切った侍ジャパン。31日のメキシコ戦は「金メダルへの最短ルート」と「連戦地獄」の分岐点となる大きな試合だ。
 連勝で1位通過した場合は、決勝まで最少3試合で、中1~2日と余裕がある日程になる可能性も。一方、1位を逃すと、最多で6試合を戦わなければならない。午後7時からの試合の翌日に正午から次戦を戦う可能性もあり、場合によっては1次リーグ最終戦から6連戦ということもありうる。今後に向けた大きなカギとなる試合は、31日正午プレーボール予定。

<金への最短ルートか連戦地獄か、メキシコががカギ>

<大熱戦を写真で 侍ジャパン、逆転でドミニカ降す>

<坂本勇人がサヨナラ打 諦めなかった侍たち>

<侍ジャパン稲葉監督が描く理想の指導者像>

あわせて読みたい

この記事の特集・連載
すべて見る

注目の特集