高齢者の認知機能低下懸念 コロナで交流減 21年版厚労白書

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
田村憲久厚労相
田村憲久厚労相

 田村憲久厚生労働相は30日の閣議で2021年版の厚生労働白書を報告した。「新型コロナウイルス感染症と社会保障」がテーマ。高齢者の交流機会が減少し、認知機能の低下やうつの増加が心配されるほか、婚姻数の減少で少子化の進行も懸念されるとした。

 白書は、自粛生活の影響で、家事・育児時間の絶対量が増し、女性…

この記事は有料記事です。

残り212文字(全文362文字)

あわせて読みたい

注目の特集