特集

入管・難民問題

国外退去処分になった外国人の入国管理施設での扱いが注目を集めています。難⺠に厳しいと言われる日本。人権は守られている︖

特集一覧

入管死亡女性の遺族ら 法務省前で収容ビデオ開示改めて訴え

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷

 名古屋出入国在留管理局(名古屋市)で3月に死亡したスリランカ人女性ウィシュマ・サンダマリさん(当時33歳)の遺族と支援者ら約40人が30日、入管を管轄する法務省前でスタンディングアクションを行った。雷鳴が響き激しい雨が降り続く中、遺族らはウィシュマさんの死の真相究明のため収容中の監視カメラ映像の開示を改めて求め、死亡の経緯に関する最終報告書などの早期公表も重ねて訴えた。

 アクションは入管施設の収容者の支援などを行う複数の団体が集まる「ウィシュマさん死亡事件の真相究明を求める学生・市民の会」が主催した。

この記事は有料記事です。

残り1050文字(全文1304文字)

【入管・難民問題】

時系列で見る

次に読みたい

あわせて読みたい

この記事の特集・連載
すべて見る
この記事の筆者
すべて見る

注目の特集