特集

東京オリンピック

東京オリンピックに関する特集ページです。

特集一覧

名伯楽の目には涙 瀬戸大也と萩野公介、対照的だったコーチの感想

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
男子200メートル個人メドレー決勝を泳ぎ終え、健闘をたたえ合う4位の瀬戸大也(左)と6位の萩野公介=東京アクアティクスセンターで2021年7月30日、梅村直承撮影
男子200メートル個人メドレー決勝を泳ぎ終え、健闘をたたえ合う4位の瀬戸大也(左)と6位の萩野公介=東京アクアティクスセンターで2021年7月30日、梅村直承撮影

 東京オリンピックは第8日の30日、競泳男子200メートル個人メドレー決勝が東京アクアティクスセンターであり、2019年世界選手権金メダルの瀬戸大也(27)=TEAM DAIYA=が1分56秒22の4位、16年リオデジャネイロ五輪銀メダルの萩野公介(26)=ブリヂストン=は1分57秒49の6位だった。

 ダブル表彰台の期待も膨らんだ男子200メートル個人メドレー決勝で、瀬戸は4位、萩野は6位。2人を担当したコーチのレース後の表情は対照的だった。

この記事は有料記事です。

残り935文字(全文1158文字)

【東京オリンピック】

時系列で見る

次に読みたい

あわせて読みたい

注目の特集