特集

東京オリンピック

東京オリンピックに関する特集ページです。

特集一覧

「強いなでしこ」どこへ 世代交代遅れ、地位低下 準々決勝敗退

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
【日本-スウェーデン】後半、スウェーデンに2点目のゴールを決められて肩を落とす清水梨紗(右端)ら=埼玉スタジアムで2021年7月30日、宮武祐希撮影
【日本-スウェーデン】後半、スウェーデンに2点目のゴールを決められて肩を落とす清水梨紗(右端)ら=埼玉スタジアムで2021年7月30日、宮武祐希撮影

 東京オリンピックでの復活は果たせなかった。サッカー女子日本代表(なでしこジャパン)は30日の準々決勝でスウェーデンに敗れ、8強に終わった。日本の国際サッカー連盟(FIFA)ランキングは10位。改めて「現在地」を突きつけられた。

 選手のパフォーマンス、監督の采配を論ずる前に目を向けるべきは、なでしこの地位低下だ。2011年女子ワールドカップ(W杯)ドイツ大会で優勝、12年のロンドン五輪は銀メダルと決勝で米国としのぎを削ったが、世代交代が遅れた。

 16年リオデジャネイロ五輪のアジア最終予選で敗退後に就任した高倉麻子監督は、若手を抜てきして成長を促したが、欧州勢の成長速度に追いついていない。19年女子W杯フランス大会は16強止まり。東京五輪の1次リーグはギリギリ3位での通過だった。スウェーデンに敗れた直後、高倉監督は「フィジカル的な要素は選手が努力し、自分たちのサッカーを表現できた部分もあるが、女子サッカーの急速な進歩の幅が自分の計算とは違…

この記事は有料記事です。

残り690文字(全文1114文字)

【東京オリンピック】

時系列で見る

次に読みたい

あわせて読みたい

注目の特集